交流掲示板|岩手県立水沢高等学校同窓会
No.1766 五輪峠にある石塔  近郊シニア  2017/09/02(Sat) 10:59

峠にある五輪は不揃いの団子状の石塔です。塔の由来については諸説あるようです。

最近の食べる団子は串4つが多い。食べ物のインフレ前は5つが多かったように覚えている。

峠については、追っ手を逃れて伊達領からここまで来たが悲劇的結末になったとか、群狼に親子一家が食い殺された跡とか、よく聞くような言い伝えの真相は不明です。
近くに五輪石塔の由来を書いた碑が残っているかもしれません。
写真では五輪石塔の手前に宮沢賢治の石碑が横を向いてる。おそらく車道ができる前の旧道に面していたと考えられます。

賢治は峠を訪ねる前は「五輪」を詩にあるような勘違い。五つ団子の塔を見て「あぁ」っと感嘆、驚き、ひっくり返ったかどうか。
「五輪峠」という詩の一部には:

・・・あゝこゝは
   五輪の塔があるために
   五輪峠といふんだな
   ぼくはまた
   峠がみんなで五つつあって
   地輪峠水輪峠空輪峠といふのだらうと
   たったいままで思ってゐた・・・

五輪峠では奥州市と遠野市は道標によって領地をしっかり主張している。賢治の郷、花巻市の領地を示す標識は見当たらない。
尖閣やシナ海のような領地争いがないから問題ないのだろう。冗談です。

写真はGoogle Mapからのものです。

|添付file| (99KB)