同窓会について
同窓会からのお知らせ
本部
  • 本部からのお知らせ
支部
  • 盛岡支部からのお知らせ
  • 仙台支部からのお知らせ
  • 関東地区からのお知らせ
  • 名古屋支部からのお知らせ
  • 大阪支部からのお知らせ

仙台支部交流会「宮城の食材を味わる昼食会」

水高同窓会仙台支部の総会&交流会を11月10日(日)、水沢高校の及川晃貴校長、同窓会本部の長野耕定会長、関東地区同窓会の山口光会長のご出席をいただき、宮城野区内のホテルで開催しました。参加者は例年どおり、38名。サブタイトルの「宮城の食材を味わる昼食会」で、3割の女性が参加されました。

及川校長から生徒会スローガン「先手必勝の水高」、「一竜一猪」の狙い、長野会長からはOB監督を迎え、「悲願の甲子園が目の前」、山口会長からは関東地区の最新情報とともに「仙台は身近な存在」、村上栄一仙台支部会長からは東北大学病院副院長と話している際、「どうもなまりが似ていることで後輩とわかった」などのエピソードが紹介されました。

また、かねてから「水高のにおいがプンプンするような企画」の要望があり、「水高NOW2019」と題した幻燈会を実施。数年前に仙台スタジアムで女子サッカー東北大会決勝が行われ、水高は準優勝、全国優勝経験がある常盤木学園が優勝。この話題に触れ阿部智さん(昭和28年卒)が「常盤木の監督は息子」と申し訳なさそうに弁解。参加者と一緒に「記憶を埋める10分間」となりました。

司会は平成7年卒の石川嘉洋さん。お疲れ様でした。(仙台支部・佐々木伸・48年卒)


  • 総合出版 WEBサイトへ